クリスマスの思い出 | スタッフブログ

クリスマスの思い出

2020.12.14 未分類

ごきげんよう。

総務の高嶋です。

日に日に寒くなる今日この頃、

クリスマスが近づいてくると

思い出すのは私が小学生の頃のことです。

当時私は東京に住んでいて、クリスマスは毎年父の仕事の関係で、

舞浜にある某ホテルのクリスマスパーティに連れて行ってもらっていました。

一年の中で、その日だけが特別な感じがして

夏あたりからその日をすごく楽しみにしていた記憶があります。

当日は母も私もおしゃれに気合が入り、

父の運転で夜の首都高湾岸線を走る非日常感。

(夜のベイブリッヂはかっこいいですよね)

とても特別でした。

パーティは大人ばかりで、隅の方で遠慮していましたが

ホールの周りには本物のお菓子でできた

人が入れるほどのお菓子のおうちがあって

中に入るととても甘いバニラの香りがして

今でもその強烈な香りが忘れられません。

それ以外にも、世界各国のサンタクロースのお人形が壁一面に飾られていたり、

(ここで初めて緑色のサンタさんの存在を知りました)

(本物の)サンタさんがお膝の上にのせてくれたり

(おひげが真っ白でくるくるで英語をお話していました)

ホールの真ん中でクリスマストレイン(ミニSL)が

ぐるぐる走り続けていたり…

そして、ミッキー&ミニーがあいさつに来てくれたり!

見るもの触るものすべてがキラキラしていて、

それは小さかった私にとって相当な刺激だったと思います。

今はそんなことが、文字通り

遠い昔の夢のような世界になってしまいましたが

いつかまたあの風景を見れたらいいな

と記憶を辿って思うのでした。