東京探訪 | スタッフブログ

東京探訪

2020.02.07 未分類

ごきげんよう

高嶋日向子@社員満足室です

 

前回までは私の趣味をご紹介してきましたが、

今日は小旅行記をお伝えします。

 

去年の3月ごろ、東京へ行って参りました。

 

東京は、仙台から新幹線で1時間30分で行けてしまう都会ですし

以前住んでいたこともあるので

もはや、隣の県へ遊びに行くような感覚ですが

今回は社会人になる節目の旅として、

少しゆっくり東京という街を歩いてみようと思いました。

 

昼頃、東京駅に着き、丸の内口から出ると高層ビル群に

囲まれます。背中には、対照的にレトロな雰囲気の東京駅

 

浅草生まれの祖母が丸の内でBG(Buisiness Girl)

として働いていた時代を感じながら、皇居へ

 

向かうは、【パレスホテル東京】

https://www.palacehoteltokyo.com/

このホテル、戦後下の1946年を始まりとして

各国の要人を迎え入れてきた

帝国ホテルと並ぶ日本の老舗ホテルの一つです

今回はそんなパレスホテルの中にある

【中国飯店 琥珀宮】へお邪魔しました

 https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/amber-palace/

事前に調べてみましたが、情報欄には

ドレスコードの指定が。。。

 

知り合いのご紹介もあり

ご丁寧なお迎えをうけたあと、

整えられたお庭と

皇居の緑が見える素敵なお席へ

ご案内頂きました

廊下や壁に飾られている

中国楽器の数々はオーナーさまの

ご趣味だそうで、実際に弾くこともあるようです

 

飲み物に、オリジナルの中国茶

柑橘菊普茶(オレンジプーアル茶)を

頼んでしばらくすると

菊のお花を浮かばせた色の濃いお茶が出てきました

このお茶、お湯を注ぐたびに

香が変化して、とってもおいしかったです

 

続いて前菜、点心、主菜、炒飯、デザートという

流れでお料理を頂きましたが

 

それぞれの素材の味をしっかり感じることができ

どの一口も形容しがたいくらい美味でした

 

味はもちろんのこと、食器、食材の切り方、

提供温度すべてにおもてなしの心を感じました

美味しいお食事と

ゆったりとした空間と

素敵な方々と一緒に

素晴らしい時間を過ごす

なんて贅沢な楽しみでしょう

 

おなかが満たされたところで

いざ、本格的に東京旅のはじまりです

(つづく)