海外留学記1 | スタッフブログ

海外留学記1

2017.08.21 未分類

こんにちは!
石井です。

今回から、2回くらいに分けて、
大学時代の2度の短期海外留学について書きます!

今回は、初の海外渡航にして初の留学だった、
カナダ、バンクーバーへの短期留学について書きます!

でも、色々ありすぎて、事細かに書くと
とっても大変なので、出来事とかは書きません!!

まず、異文化交流が好きで、高校時代から、
そのためのツールとして英語を集中的に学んでいた私。

英語圏の人と話すことはもちろん、
日本語しか話すことができない私が、
英語を覚えることによって、世界中の英語話者と
お話が出来ることが嬉しくて嬉しくてしょうがありませんでした!

大学時代に、有名な教授に言われた
「英語learnerではなく英語userにならなきゃね」という言葉を胸に、
大学への留学生たち(日本大好きという前提がある)との交流だけでは
完全なるuserになれない!と思い、大学2年生の時に、留学を決意。

アルバイトは4つ掛け持ちをしていたので、
お金は全然大丈夫でしたが、
何より、飛行機が怖い!!!!

そして海外の食べ物が食べられない…………….

初めてのことづくしだし…………….

更には、現地で生きていける英語力、
特にスピーキング能力があるのかどうかすらも不安。

そんな中で留学なんて行けるのかと思いましたが、
ほんの少しの不安で、自分を大きく成長させるチャンスを潰していいのかと思い、
希望を抱いて、海外留学経験のある友人ふたりと、お申込みをしました!

海外留学の先輩であるふたりが一緒に
仙台から移動してくれたおかげで、
飛行機は号泣しつつちゃんと乗れました。

もはや新幹線から泣いていたんですけどね!

食べ物も、ホームステイ先について5分後には
ハンバーガーを作ってもらって、あっさり食べていました。

緊張していたので味は思い出せません………………

現地での食べ物はおいしいもの、変なもの、
沢山ありましたが、中でも
バンクーバーの名物「プーティン」という料理が
芋好きの私にはとっても素晴らしいものでした!

夏休み期間のみの短期留学でしたが、
沢山の貴重な、そして楽しい経験ができました。

笑いあり涙あり。

旅に行くと、旅先はもちろん、
自分の故郷の良いところにも気づけるのが良いですね。

このバンクーバーに限らず、
留学先で出会った友人たちとは、どんなに遠方でも、
私が遊びに行ったり、反対に遊びに来てもらったりと
うまく言えませんが、普通の友人ではないような、
色々な気持ちを分かち合った関係だからこそ築けた
信頼感を持って関わる事ができています!

現地で関わってくれた人は、日本人に優しいのではなく、
人に優しいのだろうな、と思いました。

あとは、今までお世話になった3組のホストファミリーには、
絶対にまた会いに行きたいと思っています!

ところで、日本のみんな元気かなぁ、
あぁ、バイト先のオーナーさんは 元気だろうか、

と突然ピンポイントで思い浮かんで、

そのバイト先の友人に電話を掛けながら、
「みんな同じ空の下にいるんだよなあ」と空を見上げた瞬間に、
犬の〇を踏んづけてしまったり、
とにかくたくさんの出来事があり、色んな思いもしました。

そして、語学学習はもちろん、やっぱり異文化を知ることが
私は好きだなと実感しました。

今でも、この経験から、これはこうだとか、この人はこういう人だって、
良い意味でも、悪い意味でも決めないようにしています。

色眼鏡?を、かけないようにしています!!

そして…………………
海外の友達ともLINEで楽しく連絡がとれるようにと、
自作した、英語スタンプも何種類か販売しています!!

自分で言うことではないかとおもいますが、
とっても上手なかわいい絵で、あいさつとか、
スラングとか使っています!

興味のある方、私にお声がけ、どうぞ。

ちなみに会社内では、同期の大槻さんが、買ってくれています!!
優しい!!!!

写真は、シーバスに乗って行った、
グランビルアイランドにいた、トーテムさんと!

学校のテキストが大量にあったので、
でっかいカバンを謎に2個持ちしてますが……………………

この私の顔本当きらい!!!!
だから、ぼやかします!
顔が太った時だから、一緒に写ってるトーテムさんに
似てるんだもん!!!!

バンクーバー、またいきたいです。