和歌山(おまけ) | スタッフブログ

和歌山(おまけ)

2019.11.21 未分類

建設コンサルや、地質屋さんの知り合いに

「経営者にならないと、地質屋では稼げないよ」

と言われました。松浦です!こんにちは!

和歌山県へのひとり旅旅行記を(今回合わせて4回!)

読んでいただきありがとうございました!

今回は各回でお見せできなかった写真を

ご紹介したいと思います!

・新しい雨量計のモデル機です。

今までの貯水型・転倒ます型雨量計と比べて、

より詳細な3Dデータを取得することができます。

試験運用段階ですが、正式に導入が決まれば、

より早く、より的確な避難情報などを提供し、

被害を抑えることができるのではないかと期待されています。

・2日目に泊まった旅館が推しなので、見て欲しいです。

隣(敷地内)が鯨の博物館で、鯨の骨格標本がありました!

博物館には行ってないですが、鯨の料理は食べました。

朝ごはんです。

素敵すぎます。

どの順番で何をどう食べれば良いのか困惑しました。

パンとサラダとスープはバイキングです。

フワッフワでとろっとろのオムレツをその場で作ってくれました。

涙が出そうでした。

前日の夕食も、和食なのにフレンチテイストで

量も多くなく、最高に美味しかったです。

素敵な音楽が聞こえるな〜、となんとなく思っていました。

食事を終えてレストランを出てすぐのところで、

おじさまがピアノを弾いていらっしゃいました。

晴れていたので、夕日もめちゃくちゃ綺麗でした。
素敵すぎて永久保存したいお宿でした。(合掌)

・飛行機からの景色が素晴らしかったです。

奥に富士山、手前に日本アルプス連山。

時間、天候、航路、座席。

この条件をクリアしなければ見るこのとできない光景でした。

これで、和歌山のひとり旅旅行記は終わりです。

写真やテキストでは伝わらない魅力がたくさんありました。

体験すればきっと、心を揺振られるでしょう。

少しでも和歌山に興味を持って、足を運んでもらえる

きっかけになれば嬉しいです(*’▽’*)