西沢渓谷 | スタッフブログ

西沢渓谷

2020.10.28 未分類

こんにちは。金子裕明@法人満足室です。

 

10月の最初の週末に、西沢渓谷に行ってきました。

 

一応山梨県ではありますが、ほぼ奥秩父にあるこの場所へは我が家からだと

 

①圏央道~R299~R140西行ルート

 

②関越道~R140西行ルート

 

③中央道~R140東行ルート

 

の3択があります。

 

個人的にはR299の奥武蔵の景観が好きで、高速代もいちばん抑えられる①のルートがお気に入りなのですが、所要時間がえげつないので今回は③を選択。

 

それでも休憩を挟みつつ2時間半くらいかかりました。

 

紅葉シーズンになるとここも混雑するのでしょうが、今は人もまばらでした(だから今行く)。

 

ハイキングコースを1周すると約10km(約4時間)ありますが、奥の方の橋が壊れているそうで、割と手前の三重の滝までで引き返すようにとの案内。

 

ま、3歳児を連れてあの山道を1周もできないのでちょうどよかったです。

 

駐車場を出発して傾斜の急な山道も含めて2kmも歩くと、もう三重の滝へ。

滝壺の水の青さは、1月に行った青い池を思い出します。

 

水面が青く見える理由は、途中の看板曰く川底の花崗閃緑岩に反射した光のうち、赤色スペクトルは水に吸収されちゃって残りの青色系だけが反射して見えるからだそうです。

 

んなむつかしいこたあどーでもいいんだよ早くメシ食わせろ、という子ども達の圧力を受け、滝見台で昼食。

いつもの奥さんのお手製サンドイッチ。

 

滝へ行きしな脇道に広い雑木林みたいなエリアを見つけたので、帰り道でしばらくそこでシートを敷いて読書&昼寝。

父ちゃんが寝てても、子ども達は勝手に遊んでてくれるので楽です。

 

今年で言うと、7月に行った時の蔵王がいちばん氣がいいなあと感じていましたが、

今回の西沢渓谷も同等かそれ以上によかったです。

 

ここならほぼ埼玉だし、週2の通勤も「かいじ」で2時間か…ほほぅ、悪くないねぇ。

 

 

この場所に初めて来たのは結婚して間もない10年近く前、子どもがほしかったけど

なかなかできないなあという悶々とした気持ちの時期でした。

 

10年経って、こうしてその場所に元気な子ども達と一緒に来られたことが、何とも

ありがたいというか、しあわせってこういうことだよなあという感じがしました。

これも10年前のあの気分があったからこそ感じられる気持ち。

 

今このときもなんだかなあと感じる出来事がないわけではないですが、それすらも

今は分からない何らかの意味があることなのでしょう、そう思います。

 

最期の瞬間までの一切のことはすべて夢の途中なんだと、今ならそう思えます。

 

~終わり~