ミニコンポのCDトレー | スタッフブログ

ミニコンポのCDトレー

2020.09.30 未分類

こんにちは。千葉です。

我が家のミニコンポ、しばらく前から引き出し式CDトレーがまともに開いてくれません。

EJECTボタンを押しても「ンンー・・・カシュン」と言って出てくる気配がありません。

開かせる技はある(メーカーもこの現象を想定しているようです)のですが、毎度、技をやるのも面倒です。

子供たちの部活でのコーチングで忙しかったり、そもそもCDをミニコンポで聞く機会も少なくなっていたりして、放置していました。

最近になって、お知り合いにならせていただいたシンガーソングライターさんのCD購入を機に、直してやろうじゃないか。。と重い腰を上げたのです。

購入した修理部品はこれ。

専用輪ゴムです。はい、これだけで直ります。

早速、ミニコンポ本体を喜々としてばらしていきます。楽しいですよね。

CDトレー部にたどり着いたら、トレーを手で動かして、モーターとプーリーがゴムで繋がっている部分を探します。

見つかったら、ドライバーなどでゴムを外し、新品ゴムで若干きつめになるサイズのものを選択し、ドライバーなどで掛け直すだけ。はい、終了です。

仮で電源を入れ、CDトレーの動作確認をし、問題ないのを確認したら、ばらした本体を組んで終了です。楽しいですよね。

この引き出し式CDトレーが出てこなくなる現象、よくある現象だと思います。

たぶん、それなりに多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

諦めて買い替えようかなとか、メーカー修理に出そうかなとか考えているなら、その前にゴム交換、試してみてもよいのではないでしょうか。