3年ぶりの海外その③ | スタッフブログ

PROFILE

PROFILE
株式会社スピーディアのスタッフブログです。
スピーディアは、SPEEDIA光などの
光コラボレーション事業をはじめとした、
地域の情報化とその対価が地域に還流する
事業を提供しています。

3年ぶりの海外その③

2020.04.13 未分類

技術の大槻です。

~前回のあらすじ~

鼎泰豊のおいしい小籠包に舌鼓をした私たち。

(小籠包のほかにも肉まん、ごままん、海老焼売、

ジャージャー麺を平らげました^^)

このお店がある、「永康街」周辺は雑貨屋さんやお食事屋さんが数多くお店を構えているので、ぶらぶら歩くだけでもとても楽しめます。

しょっぱいものを食べたので次は甘いものを食べたいね、と次に向かった先は、

「台北駅」。とても大きな駅である「台北駅」は、地上はもちろん、地下にも

たくさんのお店が連なっており、気を緩めるとあっという間に人ごみに飲まれて

迷子になってしまいそうでした。

「台北駅」から地上に出て、5分ほど歩いたところにある、

脆皮鮮奶甜甜圏(店名です。)」に到着します。

店名からは全く想像がつきませんが、ここは台湾で大人気のドーナツ屋さんです。

サックサクの生地に甘い粉砂糖がまぶされたこのドーナツは、

25歳を迎えた私が過去に食べてきたどんなドーナツよりも格別。

クリームもチョコも何もない、ただのドーナツにもかかわらず、

油がいいのか、砂糖がいいのか、はたまた、海外で食べているという、

特別な環境が私をそう錯覚させているのか…なんとも病みつきになるおいしさでした。

一度台北駅に戻り、つぎはタピオカ屋さんを探します。

日本でもブーム冷めやらぬタピオカですが、台湾は少し歩けばすぐに

タピオカ屋さんにたどり着くほど、町のいたるところにお店があります。

中でもとても人気のタピオカ屋さん「milk shop」が台北駅構内にあります。

(東京に1店舗あるようです。)

ミルクに力を入れているお店だそうで、ミルクタピオカを注文しました。

日本のコンビニで売っているタピオカはコンニャクのようですが、ここの

タピオカはもちもちで、タピオカ自体も甘く味がついているので、シンプルに

ミルクで味わうのが一番でした。粒1つ1つが大きいのに、これでもかというほど

たっぷり入っているので、おなかにもずっしりたまります。

朝から食べてばかりでしたが、ここでようやくおなかいっぱい、と

白旗を挙げたのでした。