味噌を仕込みました | スタッフブログ

味噌を仕込みました

2020.03.25 未分類

社員満足室の三浦です。

近所で「雑穀味噌1日教室」があり、友人たちと参加してきました。

 

材料は大豆(ミヤギシロメ)、生麹、塩、

そしてビタミン、ミネラル豊富な雑穀。

(今回は はと麦、きび、アマランサスでした)

工程は次の通り。

 

1.大豆を煮て、ペースト状にする。

鍋で普通に煮ると3時間かかるのを今回は先生が圧力鍋で

時短してくださいました。

茹で上がった豆を次々にフードプロセッサーへ。

あっと言う前にペースト状に。

2.生麹をほぐして塩を混ぜ合わせる。

人数が多かったので、1と2は並行して行いました。

 

3.1と2を素手で混ぜ合わせる。

(素手というのが大事だそうで、それぞれの味が

出てくるとのこと)

この段階で見た目はほぼ味噌です。

ここで予め茹でておいた雑穀を混ぜました。

 

4.味噌を容器に入れる。

空気を入れずに手で押しながら詰めていくのがポイント。

カビの発生を防ぐため。

 

5.塩で味噌にふたをし、さらに容器のふたをして終了。

昔は全て手作業だったと思うと、本当に頭が下がります。

今回はすっかり楽をさせていただきました。

概ね6ヶ月で「もろみ」に。9ヶ月でおいしい味噌になるそうです。

「9/1 もろきゅう」「12/1 お味噌汁」と書いて、

容器にラベルを貼っておきました。

 

果報は寝て待て(All things come to those who wait.)。

なので、一旦忘れて味噌との再会を待ちます。