清津峡渓谷 | スタッフブログ

清津峡渓谷

2019.10.28 未分類

こんにちは、技術満足室夜間部@木村です。

9月初め、今まで行って観たかった新潟県の清津峡渓谷トンネルへと足を運びました。

清津峡渓谷トンネルとはマ・ヤンソン/MADアーキテクツによる「Tunnel of Light」が展示された渓谷を貫くトンネルアート作品が見られる場所です。

関越道の塩沢石打ICを降りて約30分到着、近くの駐車場が満杯なので少し離れた駐車場に止め、徒歩で温泉街を抜けるとトンネル入り口に到着、10分程です。

全長750mの掘られたンネル内の所々には清津峡の四季や自然、成り立ちをディスプレイで紹介するコーナと途中側道からは渓谷の濁流及びアート作品が見学できます。

トンネルの最先端、水が貼られて鏡の様です。

帰りには温泉に入るにもよし、1時間程走った山奥には期間限定(4~10月)

数量限定のところてん屋、その名も「日本一うまいところてん」でところてんを

食べました。(お土産もあります。)

とてもおいしーいところてんです。

ぜひ一度みなさんも訪れてみてください。