恐竜博2019 | スタッフブログ

恐竜博2019

2019.08.27 未分類

こんにちは!

最近ようやく自炊が定着してきた本田@法人満足室です!

やっと梅雨が明けたと思ったら、お次は厳しい猛暑…

最近の天気は情緒不安定ですね(^^;

それはさておき…

先日のお盆休みはほぼ仙台の実家で過ごしたのですが、

東京に帰ってきてから、せっかくだから出かけるか!

と思い立ち、友人と上野の国立科学博物館にて

開催中の「恐竜博2019」に行ってまいりました!

自分は小さいときから恐竜や怪獣といった

かっこいい生き物が大好きでして、

大人になった今でも、恐竜のドキュメンタリー番組を

ちょくちょく見ています(笑)

今回行ってきた「恐竜博2019」の看板恐竜は、

「デイノケイルス」と「むかわ竜」という恐竜でした!

まず、「デイノケイルス」という恐竜ですが、

名前の由来は「恐ろしいツメ」という意味らしく、

実際に2m以上の長い腕と鋭利なツメを持っています!

この腕だけでなく、体長も10m以上とかなりの大きさがあり、

迫力がハンパないです!(笑)

↑デイノケイルスの腕と全体の化石

そして「むかわ竜」については、日本国内で発見された

大型恐竜としては初の8割以上の骨格がそろった化石らしく、

大変貴重な化石だそうです!

↑むかわ竜の全身化石

まあ正直、前述の「デイノケイルス」を見たあとだと、

「むかわ竜」の化石はいまいち迫力に欠けます(笑)

ですが!貴重な化石であることには違いないです!

恐竜特集の番組や映画など、恐竜を知る機会は

たくさんありますが、やはり生の実寸大の化石ほど、

恐竜の迫力を感じられるものはないと思います!

(←今回人生で初めて恐竜の化石を見たのは内緒)

なので!

皆さんもぜひ、上野の「恐竜博2019」やお近くの博物館で

恐竜の化石を生で感じてみてはいかがでしょうか♪