スタッフブログ

IT用語解説特集:第3回(IPv6)[2]

それではIPv6解説、後半です!

(前半はこちら)

さて、ここまでお話ししたIPv6へ実際に乗り換えるとどうなるのでしょう?

ちょっと専門的な話をすると、ネットワークへの接続方式が

IPv4ではPPPoEというものだけだったのが

IPv6ではIPoE方式も使うことができるようになります。

これを道路に例えるとPPPoEを下道とするなら、

IPoEは高速道路みたいなものです。

たくさんの車(データ)が広い道路を通れるようになるので

IPv6のIPoE方式に乗り換えをすることで

ネットで混雑しにくくなる、つまり、快適にネットを使える機会が増えます。

さらに言うと、今は乗り換えサービスが出るようになってから

間もないこともあり、IPv6利用者はそれほど多くありません。

高速道路ができたのに、まだまだみんな下道を使っている状態です。

なので、余計に速く感じるかもしれませんね。

「夜になるとネットが遅くなる」というような方に特におすすめです。

ここまで、IPv6の利点をお話してきましたが、

もちろん問題点もあり、今までネットで利用していたものが

利用できなくなる可能性があります。

IPv4からIPv6へバージョンアップしたことで色々な仕様が変わっていて、

IPv4用に作られたサイト等はIPv6では直接利用することができません。

じゃあ、ネットで利用しているサービスはIPv6に対応しているかというと、

まだまだ少ないのが現状です。

「なんだ、速くても意味ないじゃないか!」

ごもっともでございます<(_ _)>

というわけで、この大問題を解決するために打ち出されたのが

”IPv4 over IPv6”接続サービスです!

単純な結果だけ言うと、これでIPv4にしか対応していないサイトも

見ることができるよっていう接続方法です。

先ほどの道路の話に例えると、

高速道路から途中で下道に降りれるようにしました

という状態に似ています。

これで、途中まで高速道路(IPv6)でスイスイ進んで

最後は下道(IPv4)を進む、というのと似たことが

ネットワーク上でもできるようになりました。

IPv6に乗り換える際は、接続方式(IPoEIPv4 over IPv6など)にも

気をつけましょう!

皆さんもこの機会にIPv6への乗り換えを検討してみてはどうでしょうか?

弊社のIPv6プランはもちろんIPoE方式、かつ、IPv4 over IPv6ですよ~!

もっと詳しい情報はこちらをクリック

お申込みの場合は↑のページの下部に記載のフリーダイヤルまで

お電話くださいませ(^o^)/

「IPv6プランに申し込みたい」

「IPv6プランに乗り換えたい」

と言っていただけるとスムーズにご案内できると思います!

(「ブログを見た」と言っていただけると私が喜びます)

今回はIPv6の解説記事でした。

それでは!

<追記>

特集に関して、早速たくさんのご意見をいただき、感謝感激です(ノД`)・゜・。

おかげさまで特集記事のネタがいっぱい集まってます!!

一気に全部紹介・・・はせずに、1つ1つじっくりと

書かせていただきますね(‘ω’)ノ

これからもスタッフブログをよろしくお願いします!

技術兼広報部:青木

---------------------

第1回:プロバイダ

第2回:光コラボ

第3回:IPv6