スタッフブログ

仙台七夕の今と昔

2018.09.07 未分類

こんにちは、技術満足室夜間部@木村です。

何年前からだろう、七夕が画一的になったのは

個性がなくなり。吹き流しの長さも短く数も少なく

屑籠も小さくなり全体にこじんまりしています。

3,40年前になりますが太い竹にしなるような位、大きく

吹き流しも地面に付くほどの中をかき分けて見学したものです。

形も変わり種がいろいろあり、見事なものでした。

学生のころの飾り付けは前日夜中には完了し、今の様に

悪戯されないよう上に上げたりせず、そのままでした。

誰もいない、名掛丁通りをみんなで闊歩したものです。

最近は数年前から藤崎の角に飾られる。巨大な七夕飾りが楽しみです。