BIKE | スタッフブログ

BIKE

2018.01.22 未分類

こんにちは。
技術満足室の鈴木です。

私が高校生のときの話ですが
母親がninjaというバイクを購入し、走り回っていました。

「免許を取ったらあげるよ」的なニュアンスの言葉をかけられましたが
当時の僕にはあまりバイクの魅力が感じられませんでした。

大学生になったあるとき私は目覚めました。

めんこい人の一言「バイク買って後ろ乗せてよ~」

絶対買う、免許取る。
というか母がいつぞや免許取ったらくれるとか言ってたなあ・・・

とふと思い出し、すぐさま教習所へ通いだし免許を取りました。
思い立ったら割と行動が早い自分に驚きでした。
僕を突き動かすエネルギーはいったい何なのかと。

しかし、熱い衝動で免許を取得したところで私のサクセスストーリーは幕を閉じました。

母へ免許取りましたと報告したところ
「結局とってるじゃん。何買うの?」的なニュアンスの一言
ん?買わんよ。そのninjaくれよ。

なぜか考え込む母。嘘だろと。

当時金欠の僕は自分の金で買えるわけもなく完全に母を頼りにしておりました。

結局僕がninjaを手にする日はやって来ず、めんこい人の願いは自転車という
グレードダウンの形でしか実現されませんでした。

社会人になったのでいつか絶対バイクを購入したいです。